お風呂の入り方で治せる!アトピー肌にお困りの方必見

レディ

清潔と保湿が大切です

お風呂

洗いすぎないようにする

アトピーの人は強いかゆみと、治ったと思ったら何度でも繰り返し出てくる症状で、つらい経験をすることも多いでしょう。治療薬であるステロイド剤は、効き目は良い反面、体への影響を考えるとその付き合い方に迷いを感じることも少なくないのではないでしょうか。基本的な生活から少しでもアトピーを良くしていく事が一番理想ですので、しっかりと考えていきたいところです。毎日のお風呂もアトピーの人にとっては大切な要素で、その入り方次第で症状をよくも悪くもさせてしまいます。アトピーの人がお風呂に入るうえで気を付けたいことのひとつに、洗いすぎないという事があげられます。ステロイドを使っている人は特に、それまでついていた薬剤をきれいにして、余分な皮脂を落とすことで新しい薬の浸透が良くなります。また、薬を使っていない人も、ぬるめのお湯にしっかりとつかる事で肌が適度にふやけ、肌に潤いを与えることが出来るので、お風呂から上がった後のケアと合わせてじっくりと続けていきましょう。また、体を洗うときにはボディーソープではなく固形石鹸が望ましく、シャンプーも出来るだけ刺激の少ない物を選び、十分にすすぐことが大切です。シャンプーなどに含まれる界面活性剤は肌への刺激が強く、アトピーを悪化させてしまいがちなので注意しましょう。お風呂の温度は高すぎるとかゆみが酷くなるため、低めの設定にすることも大切になります。また、アトピーに効く温泉のお湯でパックすることも効果が期待できます。

石鹸

洗顔の豆知識

洗顔は毎日1回〜2回は必ずするものです。肌についた汚れを取る効果と、化粧水の成分を浸透しやすくする効果があります。ただし、皮脂の取りすぎは禁物です。肌の栄養となる皮脂を残して洗えるのが、石けん素地だけで作られた洗顔石鹸です。

お尻

実はできやすい要因がある

お尻のニキビを経験したことがある人は、なぜこんなところにできるのだろうと不思議に思ったことがあると思われます。けれど、お尻は実は皮脂の分泌が盛んな部分であり、さらにアクネ菌を閉じ込めてしまう要素が揃っているので、対策を取る必要があります。

メイク道具

リキッドではなくペンシル

今おすすめのアイライナーは、ブラウンのペンシルアイライナーです。ブラウンは引き締めながら、柔らかな雰囲気も出してくれます。難しい色選びはコスメカウンターで相談してみるのがおすすめです。落ちにくいものを選ぶのも大切です。