お風呂の入り方で治せる!アトピー肌にお困りの方必見

婦人

洗顔の豆知識

石鹸

皮脂を守って洗う事が大切

洗顔は毛穴に詰まった皮脂や汗などの汚れを落とすためにするものです。また、化粧水・乳液などの基礎化粧品の効果を上げるためにも役立ちます。顔を洗わないまま化粧水をつけても、毛穴に汚れが詰まったままだと弾かれてしまいます。しかし、事前に毛穴の汚れをしっかり取り除いておくことで、毛穴の通り道が開いて化粧水の成分が吸収されやすくなります。顔を綺麗に保つために毎日する必要がある洗顔ですが、洗顔の仕方を間違えると肌トラブルの原因になります。強い洗浄作用があるスクラブ入りの洗顔フォームを使うと、毛穴の汚れが取れますが、肌が傷つくことがあるので要注意です。毛穴の汚れを取ることは大切ですが、取りすぎるのもよくないことです。皮脂は雑菌の繁殖を抑えたり、紫外線から肌を守ったりしています。その皮脂がすっかりなくなれば、くすみ、シミ、ニキビ、シワなどが出来やすくなります。肌に害のある汚れを落としつつ、肌の栄養となる皮脂は残すことができるアイテムが洗顔石鹸です。洗顔石鹸は、油脂、苛性ソーダ、精製水の「石けん素地」が基本となって出来ています。特にシンプルな素材だけで出来た、完全無添加の洗顔石鹸は、毎日の肌のお手入れに最適です。洗顔石鹸を選ぶときのポイントは、成分表記をチェックしてみて、石けん素地オンリーかどうか確かめることです。香りが良い洗顔石鹸もありますが、合成香料は敏感肌に良くない場合があります。なるべく最低限の素材で作られた洗顔石鹸であれば、どんな肌質でも使えて、肌のコンディションが良くなります。