お風呂の入り方で治せる!アトピー肌にお困りの方必見

婦人

実はできやすい要因がある

お尻

意外と知られていない事実

ニキビと言えば、皮脂腺から皮脂が分泌され、それにメイクや汚れが詰まってしまうことで炎症を起こし、できてしまうものです。そのため、皮脂腺があるところにはニキビができても不思議ではなく、実際、背中や胸元にできた経験を持つ人は多いでしょう。これらの場所は、顔に次いで皮脂腺が多く、皮脂の分泌が盛んだからです。意外と知られていないのが、お尻にも皮脂腺があり、皮脂の分泌が盛んな部分であるということです。背中や胸元のいわゆるデコルテラインほどではありませんが、お尻にニキビができたという経験をしている人が多いのは、実は皮脂の分泌が多めの部分だからなのです。そのため、なぜできるのかという原因を知っておくことが大事です。お尻の皮膚は肌の表面が分厚く、そして固くなっていますが、これは座っている時間が長いことによって肌への刺激が強くなり、角質化してしまうためです。角質化してしまった皮膚ならニキビはできそうにない気がしますが、実は角質が厚くなると皮膚が毛穴をふさいでしまうことから、ニキビの原因であるアクネ菌の温床になってしまうという悪条件が整ってしまいます。そのため、分厚くなったお尻の皮膚なのに、ニキビができてしまうということになります。改善方法としては、お風呂に入ってしっかりと洗って清潔にし、適度な保湿を行うことが一番の対策になります。アクネ菌を洗い流し、洗い流した後はしっかり保湿をすることで皮脂の過剰な分泌を抑えるという点では、顔のニキビケアと同じといえます。